音楽

ファイナル

昨日、私は横須賀にいました。
Les Freresのライブツアーが遂にファイナルを迎えたのです!

しかし、と・・・遠かった・・・train
行きはいいんですけどね、帰りはグッタリですgawk20時30分頃会場を後にし、帰宅したのは23時過ぎ。

でもね・・・いい公演でしたよshine
さすが2人の地元、会場の盛り上がりが他所とは違います。
HOMEってこのことねhouseって感じのアツい声援と拍手。
2人のテンションも違いました。

そしてアンコールを求める手拍子、スタンディングオベーション、指笛に叫び声。
終演間際に振り返って仰ぎ見た会場は、圧倒されるほどの光景でした。

ファンとしてなんとなく落ち着きつつある私は、「良かったねぇ」などと、何だか母のような心境でそれを見ていました。


あぁ楽しかった。
これからしばらく聴けなくなるけれど、そんなに寂しくはないな。
次はどんな演奏で、どんな風景を見せてくれるのか、楽しみにしたいと思います。


おわり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

群馬ライブ。

今日は、Les Freresのツアーライブ『Piano Pittoresque in ISESAKI』に行って参りました~happy02

ピアノ・ピトレスクピアノ・ピトレスク

アーティスト:レ・フレール
販売元:UNIVERSAL CLASSICS(P)(M)
発売日:2008/09/03
Amazon.co.jpで詳細を確認する

群馬県伊勢崎市・・・思ったより遠かったですsweat01
でも、かなり盛り上がって楽しかったですよ、うん。
では、簡単な感想兼覚え書きをば・・・。

まず、お2人の衣装。圭土さんのシャツと守也さんのネクタイが同じグレーのチェック柄で可愛かったです。あ、それはどーでもいいか。
演奏も素敵でした。(って毎回同じ感想・・・・coldsweats02)1stアルバムとは違って2ndは大人な雰囲気が強い(と私は思っている)ので、“カッコイイ”って感じです。
「ブルース・カナカナ?~その日暮らしブルース~」という曲を聴いている時には、思わず体がアルコールを欲しましたbeerお酒飲みながら聴きたいな~って。普段はほとんど飲まないし、そんなに飲みたいと思うこともないんですけど、不思議です。

あと、いつも思うことなんですが、圭土さんの手というか指ってどうなってるんでしょうかね?早弾きが凄すぎて見えないんですよ。マジで。
ステージ上にはピアノの周りにカメラが置いてあって、2人の手元や表情なんかをとらえてスクリーンに映してるんですが、とある曲の圭土さんのソロ部分で手元を抜いた時、一瞬ピントずれましたからね(笑)それぐらい早い。
一度でいいからピアノの横でじっくり観察したいものです。

あとはーーそうだなーー。「RGR」という曲で、守也さんがとある言葉を口ずさんでいるんですが、実際にそれを一緒に歌っているお客さんがいてビックリしました。私も、車の中で聴いている時ならつい歌っちゃいますけど、さすがに会場では・・・。なんかね、去年までのような勇気?が出なくなったんです(笑)合いの手が入る曲でも参加できなくなったし・・・。なんなんでしょうこの落ち着き様は。
まぁ2人も嬉しそうだったし、そのうち公演を重ねる毎に大合唱になっていったらそれはそれで楽しいような気もします。


あとはーーあとはーー。メドレーが良かった!1stアルバムの曲(インディーズのも1曲あったかな?)のメドレー。今聞くと懐かしいんですよねぇ。そして去年の熱~い自分を思い出して、血が騒ぐというか何というか。ウキウキしました。

即興も良かったし(←アバウトな感想)、アンコールも良かったなーーー(←眠気のため更にアバウト)。結局全部良かったってことです。

アンコール3曲目は会場オールスタンディングで聴いたんですが、ふと後ろを見回すと、お客さん皆が笑顔で手拍子。なんだかすごく嬉しい気持ちになりました。そして曲が終わると、ほとんどの人が手を高く上げて力強く拍手していて、その光景は壮観で感動的ですらあって。ステージ上の2人にはどんな風に見えるんだろう、何を思うんだろうとちょっと気になりました。

そんなこんなで終演。
帰りの車内は、友人たちと3人でしゃべって笑って楽しかったです。こういうのも、ライブの日の楽しみの一つ。
同じものを好きな仲間というのは、いいもんですよねshine


というわけで・・・寝ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウレシイお便り

今月25日、群馬県伊勢崎市にて行われるLes Freresのライブのチケットが届きましたlovely

座席もとってもいい感じcloverありがたやありがたや~

宝くじに縁がない代わりに(?)、LFライブの席にだけは恵まれていることが多い気がします。
まぁ、いい席かそうじゃない席かっていうのはその人の好みとかありますし、私にとって嬉しい席ってことですが・・。

「ミューズの晩餐」の録画に失敗し、更に「みゅーじん」もチャンネル設定間違えて録れてなかったっていう(←ドジ)ガッカリな出来事が続いたあとでしたが、これでかなり救われましたshine

うふふふふふふふふふふ
楽しみですnote

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「みゅーじん」

今日(10/5)のみゅーじん観た方いらっしゃいますか?

ついにやってきましたLes Freres。いやぁ、さすが!ガッツリ密着してます。ドキュメンタリー万歳good

移動車の中、公演直前の楽屋、レコーディングの様子・・・などなど。普段見ることのできないところですからね。へぇぇ~とか、ほぉぉ~とか思いながら見てました。興味深かったです。

韓国でのテレビ出演の映像は、会場の手拍子がなかなか好感触ではないかっ!と思ってちょっと嬉しかったdelicious音楽に国境なしnotes

それに、ご両親や圭土さんのお子さんの姿なんかもチラッと写っていて、とても貴重な映像満載。お母様のリクエストに応えた「桜」の演奏・・・素敵だったなぁ。

いい番組だ~。30分といわず、1時間でも2時間でも放送してくれて良かったんですけどねぇ。・・なんて。

そうそう、圭土さんのソロアルバムのことにも触れてましたが、ますます楽しみになりましたshineさっき公式HPを見たら、リリース記念のソロライブをやるそうな・・・。おぉ、行きたい!2公演だけど・・どうしようかなぁ。悩みます。

それにしても、守也さんはソロ活動しないのかしら?聴いてみたいけどなーー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「Piano Hearts」

LFネタばかり連投するのもアレかと思って、間に本ネタを挟んでみましたが、またまたLFのハナシですsmilesweat01

今朝ショックなことがひとつ。

後で見ようと思ってデッキに入れっぱなしだったDVDの内容が、何故か消えていたんです・・・

あぁぁぁ「ミューズの晩餐」がぁぁぁ~~

先日LFが出演した番組です・・・楽しみに取って置いたのにcrying観れないってどーゆーことよ!

何度もディスクを入れ直して試したり、パソコンで再生を試みたりしましたが、うんともすんともいいません。ちゃんと録画されたことは確認してるし、削除なんてしてない。どうしてこんなことになってしまったのか見当もつかないので、どこに怒りをぶつけたらいいものか、本当にちょっと泣きたいくらいです。

もう諦めるしかないのね・・・悲しい。悲しいので、もう極力思い出さないことにします。・・・ってブログに記録しちゃってますけど。

その沈んだ気持ちを紛らわすため、というわけでもないですが、まだ開封せずにいた「Piano Hearts」を読むことに。

LF初のオフィシャルブック。2冊一組になっていて、1冊は楽譜、もう1冊は沢山のフォトと共にLFの歴史や2人へのインタビュー、関わっている人たちからのメッセージなどが盛り込まれた内容になっています。発売前は、「楽譜はともかく、写真集って・・・アイドルじゃないんだから」なんてちょっと引き気味な気持ちだったんですが(でも買うし)、読んでみたらとてもいい本で、批判的だった自分をちょっと恥じました(笑)

2人の音楽に対する揺るぎない思いや情熱、真摯な姿勢が伝わってきたし、2人を支え、共に歩んでいる人たちの、温かなまなざしが感じられる1冊でした。

プロフェッショナルって凄い、って単純に思っていたけど、そこまでの努力や強い意志こそが凄いんだなぁなんて考えたりして。好きなものをとことん突き詰めて、ひとつの道を歩き続けるのは、簡単なことじゃない。これまで彼らがどんな時を過ごしてきたのかは、きっと想像では追いつかないけれど、語られる過去のエピソードの中にその断片を垣間見るようで、なんだか胸にこみ上げるものがありました。

読み終わる頃には、ホントに泣いてましたしねweep

Les Freresに出会えてよかったなぁ、と改めて思いました。そして、ファンとしてついてきたことは間違いじゃない、これからも応援していこうという気持ちもこれまで以上に強くなりました。

あら、まんまと術中に嵌っちゃったかな??(笑)まぁいいんです。好きだからnote

ちょっとお値段は高めですが、私には損のない買い物でした。ご興味のある方は是非。そしてピアノを弾かれる方は、LFの楽曲にチャレンジしてみてください。私も弾きたい気持ちは山々なんですけどね・・・習ったことないもんで譜面は読めないし、残念ながら楽譜の方は眺めるだけで終わりになりそうです。

でも先日音楽教室を見つけましてね、ちょっと心惹かれています。試しに無料体験行ってみようかしら。

あーーそれにしてもDVDが憎らしい・・・(思い出した)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浮き草のような

早いもので、あの感動のライブからもう4日経ちました。

翌日なんかはちょっと放心状態で、映像と音を頭の中で反芻しながら(仕事中も)過ごしました。去年も何度そんな日を送ったことか・・・(笑)

そう、今年はかなり落ち着いたものですが、去年の私はそれはもう自分でも驚くくらい突っ走っていました。情報収集も頑張ってたし、ファンの方々のブログに毎日のようにお邪魔して・・・。ライブレポを書いている方も沢山いらしたので、ライブの後にはブログをハシゴして余韻にどっぷり浸かる、というようなこともしてましたね。熱かったです。

私はレポを書けるほどの能力がないので、簡単な感想しか載せられませんけども、もしできることならここでもファン同士の交流をしたいなぁなんて思ってます。密かに・・・

はぁぁ~dashなんかこう、遂にツアーが始まったと思うと、心が浮き立ってしかたありません。私は年内はあと1回、来年には3回参戦予定・・・その日が早く来て欲しいなぁと思う今日この頃です。でも終わっちゃうのは寂しいんですけどcoldsweats01

さて、アルバム発売&ツアー開始ということで、Les Freres(以下LF)はこれからまたTV出演や雑誌掲載が続くようです。韓国デビューも決まっていることですし、ますます知名度も人気も上がるんでしょうねぇ。

見事に羽ばたいてるLF。うーん私も色々頑張らなきゃrun

| | コメント (0) | トラックバック (0)

元気の源。

9月2日・3日と、渋谷に行って参りました。

目的はライブ。大好きなLes Freresの、です。

最近は憂鬱な気分でいることが多く、ブログも正に3日坊主といった感じで放置してしまってたんですがsweat01この二日でかなり元気を注入してもらいましたcatface

Les Freresの結成記念日である9月3日。

今年はセカンドアルバム&オフィシャルブックの発売、そしてそのアルバムを引っさげてのツアー初日という盛り沢山な日となりました。

その前日にはセカンドアルバムのお披露目会と称したイベントがあり、私はそこで一足早く新曲を数曲と、アルバム製作過程のエピソード等をまじえたトークを楽しんできたのでした。このイベントへの参加権は抽選だったのですが、何故か不思議とLes Freres関係ではくじ運(?)のいい私は、今回も見事当選することができまして。本当に本当に有り難いことでした。

新たな奏法や魅せ方に感心したりときめいたり(笑)、以前と変わらないグダグダなトークに笑ったり、いろんな表情にときめいたり(再び)、短い時間ではありましたが、内容の濃いイベントで楽しかったです。

そして、ツアー初日。19時開演でしたから、いまから数時間前のことです。

いやぁ楽しい時間はあっという間に過ぎちゃいますよね。でもまだ頭の中では音楽が鳴り響いてます。

素敵な曲がいっぱいでした。弾いている二人の楽しげな笑顔も、凄く素敵でした。スペシャルゲストの演奏も聴けたり、スタンディングでアンコール聞けたり・・・あぁホント幸せ。元気出ました。

もっとちゃんと詳細なレポなり記録なりできたら良いんですけど、その能力もないのでこんな事しか書けないままにおわります・・・時間も時間ですしcoldsweats01もう寝ないと。

夢の中でもライブがあるといいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出会いのこと

昨年、NHKの「トップランナー」に出演していたのを観てから、Les Freresというアーティストのファンになりました。

Les Freres(レ・フレール)とは、フランス語で“兄弟”という意味だそうです。その名の通り、彼らは兄弟。二人でピアノの連弾をしているんです。

これまで、ピアノ=クラシックというイメージを強く持っていた私は、彼らの演奏を聴いて(観て)、こんなスタイルもあるんだ!と驚きました。ピアノの新しい魅力を感じた、というか。ブギウギピアノというものも初めて知りました。

楽しくて、カッコイイ。まずい抱いたのはそんな印象。

幼い頃にピアノを習った経験もなく、他の楽器だって学校の授業で触れる程度だった私には、鍵盤の上を踊る4つの手が、まるで魔法のように見えて。

会場のお客さんの手拍子も、一瞬意外に思えたけれど、そこから生まれる一体感が一層演奏の楽しさを膨らませている気がしました。

私も実際に目の前で聴いてみたいなぁ、他の曲も聞きたいなぁ・・そんなこんなで数日後にはCDを購入したのでした。

それがこちら↓のメジャーデビューアルバム『PIANO BREAKER』

(クリックすると楽天内のショップページに飛びます)

レ・フレール/ピアノ・ブレイカー スペシャル・エディション

聴いたらますますライブに行きたくなり、その後間もなく、どうにかこうにかチケットを入手して念願の生演奏を体感しました。

それからはもう半分追っかけ・・・sweat01関東圏で行われるライブには可能な限り行ってたなぁ。

ファンクラブにまで入ったのって初めてのことで、自分でも驚くぐらいのハマり様です。歌の入った音楽以外はほとんど聴いたことなかったのに・・・

ピアノについても知識と言えるものなんて持っていない私だけど、ただ素直に音楽ってすごいなぁ、とか楽しいなぁって感じられる。それでいいんだって思わせてくれた素晴らしいアーティストです。

これからもっと活動の場を広げていくであろうLes Freres。ピアノの、ブギウギの、そして独自のプレイスタイルの可能性を追求しながら、頑張って欲しいなと思います。

あぁ~もっと専門的に色々語れたらいいのだけれど、私にはその力もなく・・・でも、今後もライブの感想などを覚え書きのつもりでここに綴っていきますので、お仲間の方、またご興味がおありの方はお付き合いくだされば幸いですhappy02

| | コメント (0) | トラックバック (0)