« 浮き草のような | トップページ | 「Piano Hearts」 »

読書感想文?

昨夜、1冊の本を読み終えました。

東野圭吾さんの、「容疑者Xの献身」です。

最後の最後に大どんでん返し!意外な結末に驚きました。

買ったのは1週間前くらいかな?映画化された話題作のためか、本屋でも入り口近くの目立つところにドーンと平積みされていました。

私は、「白夜行」のドラマを見てから東野さんの作品に興味を持ったんですが、「白夜行」の小説はあまりに分厚く、読むのはちょっと腰が引けたので(苦笑)、とりあえず違うものを読んでみようと思ったんですね。その時たまたま手に取ったのが「探偵ガリレオ」でした。

一見超常現象のように見える不思議な事件を、科学の視点から見事に解き明かすミステリー。その内容もさることながら、登場人物のキャラクターがとても魅力的な作品です。

天才物理学者、湯川学。警察庁捜査一課の刑事、草薙俊平。二人の関係性ややり取りが面白いんですよ。

それで続けてシリーズ第2弾である「予知夢」も買いまして。前作に輪をかけて難解な謎たちにハラハラドキドキしながら(言い方古い?)一気に読みました。こうしてこのシリーズは私の中で“お気に入り”に。「容疑者Xの献身」も、読みたいなぁと思いつつ、単行本になるのを待ってたんですよね。

ドラマ化されると知った時は嬉しかったんですが、原作とはちょっと設定が変わってしまってたので、最初の2話くらいまででその後は見なくなってしまいました。ドラマでも映画でもそうなんですけど、原作を先に読んでしまうと、そのイメージが強いために受け入れ辛くなっちゃうことってありませんか?好きな作品だと尚更ですよね。

あ、でも決してそのドラマを否定するわけではないんです。映画化されるほどの人気ですから、いい作品だったんだと思います。

原作に忠実すぎても意味がないのかもしれないし、視点を変えたり、キャラクターに更なる色付けをしてみたり、違ったエンディングを導き出したりと、そうやって作者以外の人の手が加わることで、またその作品の幅が広がるんでしょうね。それぞれの良さっていうのかな?

違いを比べるのも楽しみ方のひとつなのかも。ドラマや映画が先だった方も原作を読んでみると面白いんじゃないでしょうか。私も映画見ようかな?

最近は漫画や小説がドラマ化や映画化、更に舞台化されるケースも多いですし、両方合わせてその作品に触れてみるのも楽しそう。

読書っていいですよね。いろんな世界に連れて行ってくれるし、多くの知識も与えてくれる。人生の中であとどの位の本に出会えるのか。それによって自分がどう成長できるのか。

楽しみは本の数だけあるということかな。

探偵ガリレオ (文春文庫)予知夢 (文春文庫)

容疑者Xの献身 (文春文庫 ひ 13-7)

|

« 浮き草のような | トップページ | 「Piano Hearts」 »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1091407/23600134

この記事へのトラックバック一覧です: 読書感想文?:

» ギデオン警部 非情の街 [アメリカテレビ映画・テレビドラマ ふぉーえばー]
原作はJ・J・マリックの「ギデオンの一日」でエド・マクベイン の「87分署シリーズ」やシューヴァル [続きを読む]

受信: 2008年9月 8日 (月) 21時07分

» 映画化「容疑者Xの献身」 [今を精一杯]
違うのよ・・・キャストが・・・[E:bearing] [E:bearing] あ [続きを読む]

受信: 2008年9月 8日 (月) 23時06分

« 浮き草のような | トップページ | 「Piano Hearts」 »